心と身体にご褒美を、あたたかな陽だまりサロン

ラニフッサ

Lani FUSSA

「“この場所が好きなの”ー常連さんからいただく言葉」に自信があります

午前中と夜はヨガ、午後は中医アロマ。
坂の上にある小さなスタジオは、
日常の喧騒から離れ、自分を慈しむ癒しのスポット。
自分に優しくなれる場所が、すぐそこに。
あたたかな時間が流れる、まさにここは“Lani=天国”だ。

(店名)

ヨガと中医アロマで自分と向き合い、自分に向き合う気づきの場。リゾートのような非日常の空間で、旅に出た気分になってスイッチが変わる。だから「Lani(ラニ)」、ハワイ語で言う“天国”なのだ

  • 端正な檜のカウンター

    体が硬い人でも高齢者でもどんな人でもヨガは楽しめる

  • 端正な檜のカウンター

    肝」「心」「脾」「肺」「腎」という<五行>の学説に基づいた精油から、オリジナルオイルが作られる

  • 端正な檜のカウンター

    疲労や落ち込みなどどんな時でも、ヨガをすれば肩の力が抜けて、気持ちもすっきり。ゆったり呼吸して、本来の自分に戻れる喜びを味わうことができる

店長からの一言

店主 服部恵美、角川由香さん

服部恵美、角川由香さん

ヨガも中医アロマも、自身の心と体の声を聞いて整えて行くためのものです。体が硬くても、中医学なんて知らなくても大丈夫です。気持ちの良い体を作れるようにお手伝いしますので、ぜひ一度、Laniへ足を運んでください。

基本情報

店名 Lani FUSSA
住所 福生市武蔵野台2-3-20 M&WAVE102
電話 090-9311-0003(ヨガ)     050-3188-1970(中医アロマトリートメント)
営業時間

10:00~20:45

(ホームページ、お店に確認してください)
定休日 不定休、年末年始(ホームページ、お店に確認してください)
駐車場 近隣にコインパーキングあり
カード使用 不可
URL https://lanifussa.com/

ストーリー

ヨガで、自分ともっと仲良くなろう

誰もが気軽にヨガが楽しめる場。「下を向いた犬」のポーズで背中を伸ばす。

誰もが気軽にヨガが楽しめる場。「下を向いた犬」のポーズで背中を伸ばす。

 ヨガは身体にいいとわかっていても、かっこいいヨガウエアが要るのではとか、太っているから、身体が硬いからとハードルが高いと思っている人は多いはず。そんな躊躇をまとめて一掃してくれる、“普段着感覚”のヨガスタジオだ。
 オープンは2019年3月だが、前身の「SUKHA(スッカ)」からの常連も多く、かくいう私もその一人であり、主宰者のインストラクター、服部さんのヨガ人生のスタートもSUKHAからだった。
 坂を登ったマンションの1階、日差しが気持ちよく差し込む小さな空間は壁が何とミント色。瞬間、異空間に迷い込んだような気持ちになる。服部さんが言う。
「リゾートのような、非日常の空間にしたかったんです。旅に出た気分になれるような、スイッチが変わる空間になるといいなって。疲れた人が気軽に来れて、気分が変わる場になれればという願いを込めて、スタジオをラニ、ハワイ語で天国という名前にしました」
 ヨガマットの上に座ると、海の底にいるような穏やかな気持ちが満ちてくる。服部さんのあたたかな声に導かれて、無理なく少しずつ身体を動かす。すっと自分の中に沈潜し、ゆったりとした静寂に包まれる。自分と静かに対話する時間こそ、ヨガの醍醐味だ。
「自分の呼吸を見つめるだけで、自分の身体をよく知ることができます。ヨガを続けていくうちに、自分自身とより仲良くなり、日々、自分の身体や自分自身を大事に思えるようになっていきます」
 服部さんが目指すのは、難易度の高いポーズを練習する場というより、ヨガを身近に感じてもらえる気軽なヨガスタジオだ。
「初心者の方、身体が硬い方、体力のない方などに来ていただきたいです。子育て中のお母さんのために<親子ヨガ教室>がありますし、シニアの方にもヨガを楽しんで欲しいと思っています」
 誰もがジャージなどの普段着で、ポーズを取る。参加者同士、笑顔がこぼれることも多い。アットホームで、誰にでもやさしい空間だ。
「ヨガは誰かと比べたり、競ったりするものではありません。だから、太っているとか、もう歳だからとか、何かコンプレックスがあったとしても、そんなことは気にせず、何歳からでも不安なく始められるのが、ヨガなんです」
 その場に座るだけで、特別な時間が流れていく。75分のレッスンを終えた後に身体を満たしているのは、いい温泉に入ったようなリラックス感であり、すっきりとしたリフレッシュ感だ。自分の身体は今、どんどんよみがえっているのだと思えてくる。
 スッピンの寝起きでも来れてしまう、普段着感覚のヨガスタジオ。こんなサロンが足元にあるのは、何と幸せなことだろう。

中国医学の考えに基づいた、アロマトリートメント

自分にとって「いい香り」と感じるものをブレンドして作成されるオリジナルオイル。このオイルでトリートメントしてくれる

自分にとって「いい香り」と感じるものをブレンドして作成されるオリジナルオイル。このオイルでトリートメントしてくれる

「中医アロマ」とは、初めて聞く言葉だった。中医アロマセラピストの資格を持つ角川さんは、「なかなか説明が難しくて」と苦笑する。
「中医とは中国医学、東洋医学、漢方のことです。漢方には気、血、水という3つの成分が身体を構成するという考えがあり、3つがバランス良く巡っていればいいのですが、そうは行かなくて。まずは何が足りないのか、何が多いのかをチェックシートを使って、その方の体質診断をするところから始めます」
 というわけで、「肝」「心」「脾」「肺」「腎」という<五行>の学説に基づいたチェックシートで、自分にはどこで気血水が足りないのかを見ていくこととなった。自分が当てはまるなーと思う箇所にチェックを入れていくと、私はどうやら「腎」が弱いことがわかった。
「こうしてご自分の体質を知ってもらうことで、食生活では積極的に何を摂ればいいのか、生活のクセに気づいて改めるなど、簡単なことで身体を変えることができます。チェックシートの結果を見ながら、生活をどう工夫していけば、気血水がバランスよく巡るのかも一緒に考えていきます」
 角川さん自身、看護師として13年勤務してきた経験を持つ。看護師というプロの視点もアドバイスには役に立つと言う。
 さあ、体質がわかったところで、いよいよアロマだ。角川さんが「腎」にいいとされる、アロマオイルを選んで嗅がしてくれる。ひとつひとつ匂いを嗅いで、私にとって「いい香り」だと思えるものを選んで調合していくという流れだ。こうして完成した、今日の私にふさわしい精油は、ゼラニウムとイランイラン、ベルガモット。希釈する「キャリアオイル」は、マカダミアナッツだ。これで、私専用のブレンドオイルが完成した。
 このオイルで、ツボの流れ=「経絡」をトリートメントして流して行くのだ。今回は、「全身オイルトリートメント 60分 4,300円」のコースを体験する。
 人の身体には足に4本、腕には6本の経絡が通っていて、心地よいベッドに横になりながら、経絡全ての流れの通りを良くしてもらえるのだ。あたたかなやさしい手でトリートメントされる60分、これを極楽と言わずして何を言う。他人の手に全てを委ねて、身体を浄化してもらえるなんて幸せ過ぎる。うっとりするようないい香りとともに、極上の時間が流れていく。
「オイルマッサージを通して、経絡を整えて行きます。ご自身の手が届かないところも血流を良くして、メンテナンスをしていきます。すぐに何か良くなるというよりリラクゼーションとして、回数を重ねるごとにご自分の身体の状態を知り、変わって行くことが実感できると思います」
 自分の身体に気づき、意識するだけでもきっと違う。そればかりか、何ものにも代え難い、ご褒美タイムが待っている。もっと自分を大切にしよう、夢見るようなひとときの中、自然にそう思えてきた。
まさに、Lani。ヨガと中医アロマ、どちらも自分を知り、自分を大切に思う気づきのサロンなのだ。

ヨガとアロマトリートメント それぞれの道へ

ヨガは、人生に幸せをもたらすもののひとつ

年末恒例、108回「太陽礼拝」を終えて

年末恒例、108回「太陽礼拝」を終えて

 服部さんとヨガとの出会いは6年前、第3子を妊娠中に「SUKHA」で、マタニティヨガを受けたことがきっかけだった。
「身体の不調を抱えていたのですが、痛みや身体のつまりが取れ、塞ぎがちな気分が開けて行く感覚を味わいました。それが忘れられず、子どもが1歳になる前、インストラクターになりたいと月に2〜3回、都内のスタジオに子連れで通い、1年半かけて卒業し、SUKHAでクラスを持ったのが3年前です」
 突然、SUKHAが無くなることを知った服部さん。この場を無くしたくないという思いが消えず、角川さんと一緒ならと「Lani」をオープンした。
「私のヨガは、どちらかといえばヒーリングヨガです。ヨガを終えた後、気分の変化を感じてもらって、生徒さんを送り出したいと思っています。身体を大きく動かして、瞑想を十分に楽しんでもらって、心と身体をリフレッシュしてもらえるようにと思っています」
 服部さんは最後のリラックスのポーズ時に、一人一人念入りに足のマッサージを行う。体験した者にしかわからないが、それはもう、蕩けてしまいそうな気持ち良さだ。
 個性豊かなインストラクター陣も、Laniの大きな魅力だ。服部さんの他に5人のインストラクターがおり、服部さんは「ハタヨガ」「親子ヨガ」「マタニティヨガ」など週に4クラスを担当。とにかく動きたいなら「ハタフロー」や「アシュタンガヨガ」、「アロマフロー」、リラックスしたいなら「リストラティブヨガ」「ナイトヨガ」「アロマナイトヨガ」など、その日の気分や目的に合わせて、さまざまなクラスを選ぶことができる。
 とくに「親子ヨガ」には、服部さんの特別な思いがある。
「未就学児をもつお母さんたちが、自分の身体をすっきりできる場がないなーと思い、作りました。子どもはおもちゃで遊び、お母さんはヨガに集中できるクラスです。母親同士、地域でのつながりの場になってほしいという思いがあります」
 疲れた人たち、大変な思いをしている人への、あたたかな眼差しがうれしい。
「疲れていたり苦しかったり、どんなコンディションの方でも気軽に来られて、ここで肩の力が抜けて、気分が変わる喜びを知っていただければ。いいお湯に浸かったなーと思えるような。外の社会はざわざわしていますが、ここでは静寂を感じることができます。振り回されている頭と心が本来の姿に戻る、そんな優しい空間でありたいと思っています」
 ホスピタリティー溢れる空間で、ゆったりと呼吸をし、静かに自分と向き合う。その瞬間、幸せだと思う。スイッチを変える場所は、これからますます必要だ。そんな場所が福生にある。知らないのはもったいないと心から思う。

自分の内側って、気づかないことがたくさんある

心地よいベッドで至福の時を味わう

心地よいベッドで至福の時を味わう

 角川さんが看護師を目指したのは、母親の入院がきっかけだった。
「入院すれば良くなると思っていたのに、なかなか良くならない。医師に聞いてもよくわからない。それが悔しくて、看護師になろうと思いました。27歳、専業主婦をしていた頃です。社会人枠で看護学校に入学して、4年で卒業。13年、内科に勤務していました」
 人の身体を触るのが好きで、少しでもラクになれるよう患者の身体をさすってきたが、病院ではスピードが優先され、患者とじっくり接することができず、すり減っていく感が拭えなかった。加えて、自身の偏頭痛という不調に対しても、医療の現場では痛みを抑える対症療法のみ。どうして身体の不調が起きるのかが知りたかった。そんな中、出会ったのが中医アロマだった。
「漢方とアロマ、両方のアプローチがあるのが新鮮でした。勉強していくと、自分のこと、とくに身体の内側のことって全くわかっていなかったってことに気づいたんです。これだ!と思いました」
 なぜ、身体の不調が起きるのか、一緒に考えていける。これこそ、角川さんが求めていたことだった。漢方で体質診断をした上で、それぞれの人の状態に合ったアロマオイルを使ったブレンドオイルで、全身の経絡を流していく。ここが、単に香りを楽しむアロマトリートメントと大きく違うところだ。
「中医なんて何もわからなくても、来てもらえればどういうものなのか、わかってもらえると思います。自分のことってわかっていないことばかり。自分を知り、気づくことができる、一つのアプローチですね。普段、気づかないような違う視点から、自分の弱さを知ることができます。そうすれば、自分にあった養生法が見つかります。そのことまで、一緒に考えていければと思っています」
 看護師経験がある角川さんだから、安心して身体を任せることができる。全く気づかなかった自分の弱点を見つめることから、新たな日々が始まるのかもしれない。全身をほぐし流してもらうアロマトリートメントは、自分を大切に思える極上の時間。
 ヨガと中医アロマ、Laniは自分と向き合い、自分に向き合う気づきの場所だった。

クーポン・地図

クーポン情報

(ヨガ)初回体験料金1,500円のところ1,000円※お一人様1回限り。  (アロマトリートメント)初回施術の方に身にアロマスプレーを1本プレゼント

※有効期限2021年3月31日
※クーポンは必ず紙に印刷してお持ちください。
※他のサービスとの併用は出来ません。

店舗MAP

TOP