心を込めてお客に寄り添う、信頼の石材店

タマエージェントサービス(カ ヤマザキセキザイ

多摩エージェントサービス㈱ 山﨑石材

「お墓作り」に自信があります

住所
福生市北田園2-18-2
TEL
042‐530‐1414

お墓作りは、家を建てるのと同じと店主は言う。
だから故人を敬い、お客の気持ちに真摯に向き合う。
“見えないところをきっちりやる”というモットーは、
手を抜かない、本物の職人仕事の最たる証。
納得のいく墓作りが実現できる、石材のプロが地元にいる。

(店名)
  • 端正な檜のカウンター

    田園通り、都立福生高校に隣接する店舗。「いつでもお気軽に」と店主は呼びかける

  • 端正な檜のカウンター

    さまざまな種類の石の見本があるので、手に取って比べられる。いろいろな石を見てもらって、好きなもので建ててほしいからだ

  • 端正な檜のカウンター

    天然石の風合いを生かした舗装材「リンクストーン」。水はけ・歩行感に優れ、雑草も生えないためお手入れも簡単

店長からの一言

店主 山﨑靖秀さん

山﨑靖秀さん

お墓は代々つながって、残っていくものです。ご家族の繁栄を願って心を込めて墓作りをいたします。手を抜くことは一切せず、<お客さまのためのお墓作り>を行っております。お墓造り、お墓のクリーニングなど、石に関することでしたら何でもお気軽にご相談ください。お電話をお待ちしております。

基本情報

店名 多摩エージェントサービス㈱ 山﨑石材
住所 福生市北田園2-18-2
電話 042‐530‐1414
営業時間

8:00~17:00

定休日 日曜
駐車場 2台
カード使用 不可
URL

ストーリー

お墓作りの始まりは?

お墓作りの第一歩は、石を選ぶところから。明るい色が好きだった故人なら明るめの石を、渋めのものが好きなら黒っぽい石をと、お客と一緒に考える

お墓作りの第一歩は、石を選ぶところから。明るい色が好きだった故人なら明るめの石を、渋めのものが好きなら黒っぽい石をと、お客と一緒に考える

お墓を作ることは、大きな悲しみの中から始まる。しかも建てるのは人生でたった1回、もちろん建て替えはない。それほどまでに重大な工事なのに、「何とか、四十九日法要には納骨したい」と切羽詰った思いが、営業マンの言うがままの安易な突貫工事に走らせる。
山﨑さんは墓作りはそんなものではないと警鐘を鳴らす。
「墓石は発注をかけてから、20日で製品になります。基礎工事を行って施工となると、49日はギリギリ。いやむしろ、不可能と言ってもいい。もちろん、突貫工事でやりますが……。納得のいくお墓を作るのでしたら、1年ぐらいかけて作るのが一番いいと思います」
お墓作りにあたって山﨑さんはまず、故人がどんな人だったのかを聞くところから始める。その人物を思い描くことで、どんな石が向くのか、遺族とともに考えていくのだ。
「明るい色が好きだったなら白っぽい御影石にするとか、渋めのものが好みだったら黒っぽいものにするとか、お客さんと一緒に考えます」
ちなみに福生では古くから、神奈川県真鶴で採れる安山岩、「小松石」が好まれたという。これは日本一の高級石材・西の庵治石(香川)に対し、東の本小松と呼ばれるほどの銘石だ。
山﨑さんは極力、石の採掘場に出かけて行く。それは「足を運ばないといいものを出してくれないし、この目で実際に色目を見ないといけない」という思いがあるからだ。
「とにかく石の種類は無限にありますから、見本などでいろいろ見てもらって、好きな石を選んでもらって建てるようにしています」
図面を起こし、墓石の形も文字もお客の理想に近づけるように作り上げ、お客の要望、リクエストを墓石の製造現場にどんどん伝えていく。それほどまでに、お客一人一人にふさわしい墓石を提供したいという強い思いが、山﨑さんにはある。

肝心要は、基礎工事

お客からは見えない基礎工事に、これだけの手間をかける。基礎工事の後、半月以上経ってから、墓石を乗せる。住宅より強化するという基礎工事、見えない場所だからこそ、丁寧に作業を行うという

お客からは見えない基礎工事に、これだけの手間をかける。基礎工事の後、半月以上経ってから、墓石を乗せる。住宅より強化するという基礎工事、見えない場所だからこそ、丁寧に作業を行うという

山﨑さんが目指すのは、100年後も傾いたり壊れたりすることのないお墓だ。だからこそ、土台となる基礎工事を重要視する。それはお客からは、ちっとも見えない場所なのに。
「東日本大震災で壊滅したお墓は、ベタに基礎を打っていないところ。ウチの基礎は住宅工事よりも強化しています。ベタ基礎と言って、敷地全部にコンクリートを打つんです。鉄筋も普通は10ミリを使うのですが、13ミリのものを敷地全部に敷き詰めます」
ここまでしないと、100年後まで重みに耐えられないからだ。
「暑かったり寒かったりするなかでの作業になりますが、工事をしている時は楽しいですよ。夢中なんです。お客さまの気持ちを考えてやってますから」
さらに山﨑さんは、納骨堂にまで気を配る。見えない場所だが、実は荒れていることが多いのだと言う。
「お骨になってずっと入る場所ですから、とくにキレイにしてあげたいと思います。換気口をつけて、外の空気と循環させるようにします。こうすると湿気がなくなるので結露が起きることもなく、つけないのとでは相当に差があります」
見栄えだけでなく、見えないところに徹底的にこだわる。だから工事は、自分の手が離れる外注に出すことは一切しない。今日もお客のためにと炎天下、あるいは極寒の中、山﨑さんの心を込めた作業は続く。「出来上がったものを見て、お客さまから『頼んでよかったよ』って言われるのが、何よりの喜びなんです」と。

家族にとって、かけがえのない場所だからこそ

「砂利・砂」運搬業から、石材業へ

墓石を設置する工事。小さなクレーンを使用して慎重に行う

墓石を設置する工事。小さなクレーンを使用して慎重に行う

山﨑さんの母方祖父は戦前から、当時の福生としては貴重なトラックを保有し、運搬業を営んでいたという。戦後は山梨に砂利を製品化する工場を持っていたこともあったが、台風で工場が流されたのを機に福生に戻り、砂利、砂などを生コン工場へと運搬・販売する業務を行う。山﨑さん自身も20代までは、この仕事をしていた。
石材業に転身したのは昭和50年、30歳の時だ。理由やきっかけをうかがうと、笑って一言、「石つながりでしょう」。
職人の仕事を見よう見まねで覚え、仲間うちの土建屋に基礎工事のやり方を教わり、独学で石材業の技術を身に付けていった。
「大変だとは、少しも思わなかったですね。もともと、物を作るのが好きなんですよ。特殊な業種ですし、それも面白かったですね」
今や職人歴20年、扱うのは主にお墓、あるいは石積み、塀、マンションの壁張りなど。
驚くことに、石の加工に関してはほぼ9割が中国の工場で行われると聞き、絶句した。今や国内加工は極めて稀で当然、高額なものとなる。ちなみに中国には現在、ヨーロッパなど世界中から石が集まるのだという。
「石を切るというのは、ほこりや騒音などの問題が発生して、環境的にも日本でやるのは今や難しいですね。当然、人件費の問題もあります。日本の工場が中国に進出しているのですが、現場には『色目を合わせてくれ、角は90度にきっちり取ってくれ』など、こちらの言い分をちゃんと伝えますし、お客さんの要望ももちろん、きっちり伝えます」

代々つながって、子孫に残っていくものだからこそ

墓石のクリーニング。できれば、3年ごとにしてほしい。専用の機械を使って水で汚れを落としていく。奥がbefore、手前がafter。研磨して汚れを落とす方法もある

墓石のクリーニング。できれば、3年ごとにしてほしい。専用の機械を使って水で汚れを落としていく。奥がbefore、手前がafter。研磨して汚れを落とす方法もある

お墓は墓石の値段と永代使用料を含めれば、高級車が1台買えるほどの値段になる。だから、そう簡単な買い物ではない。「家を建てるのと同じ」と言うのはその意味だ。
同時に、お墓は「代々つながっていくもの」という思いが、山﨑さんにはある。だから、天変地異で倒れるようなものは作りたくない。
「基礎工事も半月から1カ月は寝かした方が、強度が違います。お客さまには作っている途中の様子、工法を見に来ていただいたりもしますね。出来上がったら見えませんから」
極力、最新の施工にこだわる。以前はモルタルで接着していたが、もはや過去の方法だと東日本大震災が教えてくれた。敷地の中に敷き詰める砂利を樹脂で固める手法は、お客から「お掃除がラクで、すごく助かる」と好評だ。
「飽きちゃって、お参りに行かなくなるようなお墓ではなく、その家族にとってかけがえのない場所になるようなお墓を作っていきたいです」
誠実な仕事ぶりに、近隣のお寺からの信頼も非常に厚い。
いざ、お墓が必要となってもどこに聞いていいかわからぬまま、営業に来た石材屋の言うがまま……というケースが少なくないという。ならば、私たちは何と幸運なのだろう。決して営利優先ではなく、客の思いに誠実に寄り添ってくれる石材店が、地元にこうしていてくれるのだから。

クーポン・地図

クーポン情報

ご相談ください

※有効期限2019年3月31日
※クーポンは必ず紙に印刷してお持ちください。
※他のサービスとの併用は出来ません。

店舗MAP

TOP